Lanlan

就職先の決定権は親!?

 

2018年現在は、就職活動で

学生優位の売り手市場が続いています。

こうした環境で学生が、企業がセミナーや家庭訪問を通して、

保護者への働きかけを強めている動きがあります。

 

 

っというのも、

2017年度のマイナビによるアンケート調査によると

以下の結果からわかる通り・・・

 

 

就職先をどこにしようか・・・?迷った時に

子どもにとって親の意見は非常に

影響することがわかっています。

 

参照:https://saponet.mynavi.jp/

 

 

 

産経ニュースの記事によると、

内定時に親の意見を「尊重する」とした人は約70%に上ったそう。

 

つまり

働く職場環境づくりのより高い整備や福利厚生

を構築していくことってすごく大切。

 

しかし、、、

私が思うに学生さん自身も、

自分で自分がどうしたいか?ここをちゃんと見つける

という行動もすごく大切だと思うし

就職した後に親の責任転換になるケースもなくはないのかなと

感じるのでした!

 

 

自分の気持ちがどこに向いているのか?

そこを見つけることも自立した大人になる過程に置いて

すごく重要なこと。

 

親子で共に

子どもがなりたい未来、進みたい道を

見つける応援を、質問や言葉かけでしてあげられるような

そうしたスタイルを大人がしていけるのが

理想的だと私は考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年10月17日07時55分 投稿者:eri55555

contact

当社へのお問い合わせ・お仕事のご依頼につきましては、
メールにてお気軽にお問い合わせください。

サイトのトップページへ